メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「ちいさなあなたへ」翻訳出版10年 アリスン・マギーさん ひらめきの光を絵本に

絵本「ちいさなあなたへ」の創作について語るアリスン・マギーさん

 親としての喜びや葛藤をつづった絵本「ちいさなあなたへ」(原題「Someday」)が2008年に日本で翻訳出版されてから10年あまり。国内の発行部数は65万部に達し、多くの親たちに読まれてきた。来日した作者のアリスン・マギーさんに、作品に込めた思いを聞いた。【聞き手・椋田佳代】

 大人向けの小説を書こうと思って作家になりました。3人の子どもが生まれ、それぞれの成長の記録を毎日書き留めていたところ、膨大な量の日記になりました。編集者をしていた妹が、この日記を読んで「絵本のアイデアが詰まっている。絵本を書いてみたら」と勧めてくれたのが絵本制作を始めたきっかけです。作家としては長く活動していましたが、絵本は形にするのに何年もかかります。今でも一番難しいジャンルです。

 「ちいさなあなたへ」の元となった詩は、ある暑い夏の夜に生まれました。子どもを寝かしつけ、私はベッド…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです