特集

第79期名人戦

現在棋界最多の3冠を誇る渡辺明名人に挑むのは誰か?第79期名人戦と順位戦を特集します。

特集一覧

将棋

第78期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-久保利明九段 第1局の1

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

第78期開幕

 豊島将之新名人誕生から4週間後、第78期の新たなリーグ戦が幕を開けた。今期もこれから来春まで、A級からC級2組の5クラスに分かれ、名人戦の挑戦権や昇降級をかけた長い戦いが繰り広げられる。

 1年前は8タイトルを8人で分け合い「戦国時代の再来」と言われたが、現在は5人に集約されてきた。豊島3冠(名人、王位、棋聖)、渡辺明2冠(王将、棋王)に広瀬章人竜王、永瀬拓矢叡王、斎藤慎太郎王座と続く。

 名人を奪取した豊島は休む間もなく挑戦者に渡辺を迎え、棋聖の防衛戦の真っ最中。平成時代の名勝負といえば、まず谷川浩司九段-羽生善治九段があり、その後に羽生-佐藤(康)や羽生-森内俊之九段のカードを挙げることができる。令和の時代はどんな黄金カードが棋史を彩っていくであろうか。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文872文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集