オガサワラセスジダルマガムシ

小笠原に新種の水生昆虫 研究チームが発見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オガサワラセスジダルマガムシ=小笠原自然文化研究所の佐々木哲朗さん提供
オガサワラセスジダルマガムシ=小笠原自然文化研究所の佐々木哲朗さん提供

 世界自然遺産の小笠原諸島(東京都小笠原村)で新種の水生昆虫「オガサワラセスジダルマガムシ」が見つかった。小笠原諸島でダルマガムシ科の新種発見は初めてという。小笠原諸島は近年、渇水が深刻化していて生息環境が危ぶまれ、発見チームは「環境について考える契機にしたい」としている。

 小笠原自然文化研究所などのチームが東京都の委託で行った現地調査で見つけ、ブルガリアの国際動物学誌ズーキーズに発表した。セスジダルマガムシは湿…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

あわせて読みたい

注目の特集