メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

地下の岩石採取へ 2度目の挑戦、来月11日

着陸予定のリュウグウの地形図

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、探査機「はやぶさ2」を、7月11日に小惑星リュウグウの人工クレーター付近に着陸させると発表した。着陸は2月に続き2回目となる。1回目で表面の岩石採取に成功し、探査機を損傷させる恐れもある着陸に再び挑戦するか慎重に検討していたが、安全に着陸できると判断した。直径約7メートルの領域にピンポイントの着陸を目指す。

 はやぶさ2は4月に金属の塊を衝突させて、直径10メートル超の人工クレーターを作った。今回、着陸を目指すのは人工クレーターの中心から約20メートルの領域。衝突時に地下から噴出して周辺に積もった、宇宙線や太陽風による風化の少ない岩石の採取を狙う。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです