メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊一時金、厚労省が審査会 来月にも初会合

 厚生労働省は25日、旧優生保護法下の強制不妊手術問題の救済法に基づき、一時金320万円支給の可否を判断する認定審査会を設置した。手術実施の明確な記録が残っていない人が対象となる。学識経験者ら8人で構成し、7月中にも初会合を開く。

 国の統計によると約2万5000人が不妊手術を受けたが、都道府県などに…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです