メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
賢い選択

真贋を見抜く/下 「有意差あり」うのみにしない

「有意差」って

 薬や健康食品の宣伝を巡り、その「効果」が偶然でないと確信できる根拠は何だろう。「効果がある」と言われても、どの程度に受け止めればいいのだろうか。確かな医療を紹介するシリーズ「賢い選択--真贋(しんがん)を見抜く」の最終回は、統計の見方を巡る「落とし穴」について取り上げる。

 ●本当に効果あり?

 「有意差あり」--。健康食品などの宣伝に書かれた臨床試験のデータで、こんな用語を見たことはないだろうか。効果があるかのようにみえるが、一体どんな意味があるのだろう。

 「『有意差あり』とは『偶然にできた差ではない』、つまり『必然』ということなんです」。臨床研究につい…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1360文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです