メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

プラスチック編/1 プラごみ汚染、海が「悲鳴」 軽井沢G20、全体像把握へ枠組みに合意

プラスチックごみの発生量と流出量

 <くらしナビ・環境>

 海洋プラスチックごみについて、15、16日に長野県軽井沢町で開かれた主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合で、問題解決に向けた初めての国際的な枠組みが合意された。国内でも海洋汚染のメカニズム解明へ取り組みが始まっている。

 ●川から日常的流出

 「途上国では、川はごみ捨て場。雨期になると全てが海に流れ出す。海は悲鳴を上げている」。17日に東京都内であった海洋プラごみ問題を考えるシンポジウムで、主催者としてあいさつに立った日本財団の笹川陽平会長は、そう警鐘を鳴らした。

 主に石油を原料とするプラスチックは1930年代に使われ始めた。加工がしやすく耐久性に優れ、安価。ペ…

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文2019文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです