メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

プラスチック編/1 プラごみ汚染、海が「悲鳴」 軽井沢G20、全体像把握へ枠組みに合意

プラスチックごみの発生量と流出量

 <くらしナビ・環境>

 海洋プラスチックごみについて、15、16日に長野県軽井沢町で開かれた主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合で、問題解決に向けた初めての国際的な枠組みが合意された。国内でも海洋汚染のメカニズム解明へ取り組みが始まっている。

 ●川から日常的流出

 「途上国では、川はごみ捨て場。雨期になると全てが海に流れ出す。海は悲鳴を上げている」。17日に東京都内であった海洋プラごみ問題を考えるシンポジウムで、主催者としてあいさつに立った日本財団の笹川陽平会長は、そう警鐘を鳴らした。

 主に石油を原料とするプラスチックは1930年代に使われ始めた。加工がしやすく耐久性に優れ、安価。ペ…

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文2019文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです