メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、国賠解決を ハンセン病問題弁護団と連携 一時金支給、法改正も目指す

旧優生保護法問題を巡る集会を終え握手する全国被害弁護団の新里宏二共同代表(右)とハンセン病問題の弁護団責任者、徳田靖之氏=東京都千代田区で2019年6月5日

 旧優生保護法(1948~96年)下の不妊手術を巡る問題では、仙台地裁が5月28日、旧法の違憲性を認定しつつ国への損害賠償請求は棄却する判決を出した。原告側は既に控訴。違憲の司法判断を「解決への風穴」と捉え、各地で係争中の国賠訴訟での勝訴判決と、被害者への一時金支給を定めた法律の改正を両輪で目指す。注目されるのが、救済のモデルとしてきたハンセン病問題の弁護団との一層の連携だ。

 仙台地裁判決から約1週間後の6月5日。衆院第2議員会館(東京)での旧優生保護法問題を巡る集会を終え…

この記事は有料記事です。

残り2181文字(全文2420文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです