メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上イージス

電波影響数値も誤り 秋田県が発見 知事「次あれば終わり」

防衛省の度重なる「誤り」について、秋田県議会で怒りをあらわにする佐竹敬久知事(中央)=秋田市で2019年6月25日、森口沙織撮影

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(陸上イージス)の配備候補地を秋田市の陸上自衛隊新屋(あらや)演習場にするとした防衛省の調査報告書に相次いで誤りが見つかった問題で、秋田県が新たに2カ所の数値の誤りを見つけ、県議会に報告した。同演習場に配備された場合に発せられる電波による住民生活への影響を調べた数値が、いずれも過小に記載されていた。【川口峻、森口沙織、田辺佑介】

 岩屋毅防衛相は25日、省内で記者団に誤りを認めて陳謝した。しかし、正しい数値でも「調査結果に影響はない」と述べるなど、同演習場を「唯一の適地」とする姿勢は変えなかった。一方、秋田県の佐竹敬久知事は「子どもだましだ」と憤り、毎日新聞の取材に「次に間違いがあれば、この話(同演習場への配備計画)は終わりだ」と明言した。

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  4. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  5. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです