連載

「新しい国」の行方

安倍晋三首相は第2次政権発足直後の2013年1月、「新しい国へ」を著し、自らの政治姿勢を説いた。年金制度改革、消費増税、大災害からの復興……。6年半に及ぶ政権下では、自著で指摘した課題に対応する制度設計もなされた。「新しい国」はどこに向かい、国民はどう生きていくのか。それぞれの現場の小さな声に、耳を傾ける。

連載一覧

「新しい国」の行方

2019参院選/1(その2止) 年金穴埋め、投資頼み

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「投資はギャンブル」。そう考える岸田信一さんは、勧誘に耳を傾ける気になれない=兵庫県姫路市で、加古信志撮影
「投資はギャンブル」。そう考える岸田信一さんは、勧誘に耳を傾ける気になれない=兵庫県姫路市で、加古信志撮影

 

この記事は有料記事です。

残り1949文字(全文1951文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る