メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

申告漏れ

中央出版の創業者遺族、相続100億円 国税指摘

 教材出版など教育関連事業を営む「中央出版」(名古屋市名東区)の創業者で2014年に死去した前田亨氏の長男で、同社役員の和一氏ら遺族が、名古屋国税局の税務調査を受け、相続した株式の評価を巡って約100億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。相続税の追徴税額は過少申告加算税を含めて約60億円。遺族は処分を不服として国税不服審判所に審査請求した。

 遺族は中央出版などの親会社「中央出版ホールディングス」(非上場)の株式などを相続した。相続税法では…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文456文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

  3. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. ORICON NEWS テレビ朝日入社5ヶ月の24歳・新入社員が超異例のスピードで演出デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです