セブン「最大10%還元」、ローソン「着実に効果」 食品ロス対策競う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
セブンイレブンの看板=東京都千代田区で2019年3月21日、曽根田和久撮影
セブンイレブンの看板=東京都千代田区で2019年3月21日、曽根田和久撮影

 セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長は毎日新聞の取材に対し、消費期限が迫った食品の実質値引きを今秋に国内全店で始める際のポイント還元率について、最大10%を検討していると明らかにした。今月から同様の値引きの実験を始めたローソンの竹増貞信社長も取材に「(削減の)効果が出ている」と述べ、全店への導入に意欲を見せた。

 永松社長は、消費期限が迫った弁当やおにぎりをセブンの電子マネー「nanaco(ナナコ)」で購入する際、原則としてポイントを5%付与する方針を示した。その上で、「7%や10%でもう一度テストする」と述べ、今夏の実証実験で最終確認し、商品に応じて最大10%を適用する考えを示唆した。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文634文字)

あわせて読みたい

注目の特集