メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ヘルメット必ず持参を」御嶽山頂、7月1日~10月16日まで立ち入り規制緩和

初めて規制緩和が行われた昨秋、多くの登山者が御嶽山の頂上に登った=長野県木曽町で2018年10月8日、小川直樹撮影

 死者・行方不明者63人を出した噴火災害以来、御嶽山の山頂で続けている立ち入り規制について、長野県木曽町は25日、7月1日~10月16日に緩和すると発表した。町は今シーズンの安全対策が整ったとしているが、「活火山であることを忘れないでほしい」とし、登山者には必ずへルメット持参と登山計画書の提出を呼び掛けている。【小川直樹】

 町は昨年、登山道整備や90人収容のシェルター設置など山頂部の安全対策を行った。その上で、噴火災害追…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです