竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
竹島まで2日で到着する旨などが記載された「日本志山陰部隠岐国地図」の一部(国立国会図書館所蔵)=舩杉力修准教授提供
竹島まで2日で到着する旨などが記載された「日本志山陰部隠岐国地図」の一部(国立国会図書館所蔵)=舩杉力修准教授提供

 竹島(島根県隠岐の島町、韓国名・独島)への航路を示した日本地図としては最古とみられる「日本志山陰部隠岐国(にほんしさんいんぶおきのくに)地図」が見つかった。東京の国立国会図書館所蔵の資料を精査して発見した舩杉力修(りきのぶ)・島根大准教授(歴史地理学)は「竹島を自国の領土と捉えていたことを示す貴重な資料」としている。

 地図は縦77センチ、横129センチで、江戸時代中期の1752(宝暦2)年に地図学者、森幸安(こうあん)が作成。隠岐の島町の「福浦湊」の北西方向に、江戸時代は「松島」と呼ばれていた現在の竹島があり、2日間で到着する旨が記載されていた。当時は竹島と呼ばれていた現在の韓国・鬱陵島(ウルルンド)から「高麗を見ることは出雲から隠岐を見るほど近い」という内容もある。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集