メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・東峰村唯一の医師だった日野有美香さん 九州北部豪雨振り返る

九州北部豪雨を振り返る日野有美香さん=福岡県小竹町の町立病院で2019年5月20日午後2時、飯田憲撮影

 2017年7月の九州北部豪雨で被災した福岡県東峰村で、豪雨当時から今春まで村民に寄り添った医師がいた。村唯一の常勤医師だった日野有美香さん(30)。当時は豪雨で道路が寸断され、かかりつけ医に行けなくなった高齢者らが診療所へ殺到した。往診などで関係を深めた村民は多く、日野さんは、村民の健康と村の復興を今も願っている。

 日野さんは、地域医療の担い手を育成する自治医科大(栃木県)を卒業後、研修医を経て、17年4月に東峰…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです