玄海原発運転差し止め抗告審 7月10日に 福岡高裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡高裁などが入る庁舎=平川昌範撮影
福岡高裁などが入る庁舎=平川昌範撮影

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の運転差し止めを求め、地元住民らが申し立てた仮処分の即時抗告審について、福岡高裁(山之内紀行裁判長)は決定期日を7月10日と指定した。住民側が26日明らかにした。

 申し立てているのは、佐賀市の市民団体「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」の…

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文246文字)

あわせて読みたい

注目の特集