最高裁、新証拠認めず 大崎事件再審請求棄却 地・高裁判断、初めて覆す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鹿児島県大崎町で1979年に男性(当時42歳)の遺体が見つかった「大崎事件」の第3次再審請求で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は25日付で、殺人罪などで懲役10年が確定して服役した原口アヤ子さん(92)と元夫(93年に66歳で死去)の再審開始決定を取り消し、再審請求を棄却する決定を出した。小法廷は、第3次請求審で弁護団が提出した新証拠について「無罪を言い渡すべき明らかな証拠とは言えない」と判断した。

 第3次請求審で、鹿児島地裁と福岡高裁宮崎支部はいずれも再審開始を認めていた。地裁、高裁が認めた再審開始決定を最高裁が取り消すのは初めてとみられ、再審が開かれないことが確定した。裁判官5人全員一致の意見。

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1170文字)

あわせて読みたい

注目の特集