メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

車消えた 阪神高速など通行止め

G20サミットのため封鎖された阪神高速道路=大阪市で2019年27日午前8時34分、代表撮影ヘリから

 大阪市で28日に開幕する主要20カ国・地域(G20)首脳会議を前に、27日早朝から市内で大規模な交通規制が始まった。阪神高速道路は午前6時から環状線など10路線が通行止めになり、一般車両が消えた。関西国際空港では各国首脳らが続々と到着し、宿泊先のホテル周辺は警備する多数の警察官らで緊迫した雰囲気に包まれている。

 午前6時。阪神高速の法円坂料金所(同市中央区)では、警察官が赤字で「封鎖」と書かれた立て看板を設置。電光掲示板にも「閉鎖」「×」と表示され、警察官らは誘導灯を振ったり、笛を鳴らしたりして車を誘導していた。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです