メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

「重荷負えない」 核合意維持巡り言及 安保理会合

 国連安全保障理事会は26日、イラン核合意の履行状況に関する会合を開いた。核合意から離脱した米国が制裁を再開したことに対抗し、イランは履行の一部停止を表明し、低濃縮ウランの貯蔵量が27日にも上限を超えるとしている。会合で合意崩壊を懸念する声が相次ぐ中、イランのラバンチ国連大使は「核合意を維持するための重荷をこれ以上背負うことはできない」と述べ、さらなる履行停止措置をとった場合の正当性を主張した。

 イランは、英仏独などが原油や金融取引分野での具体的な支援を7月上旬までに実施しなければ、核兵器転用…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文503文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです