メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

八代亜紀さん、デビュー半世紀 まだ見ぬファンに恩返しを 「ナマ舟唄、聴いてほしい」

「夜はなんでも好き。80歳まで歌うわ」=東京都目黒区で、内藤絵美撮影

 「いいねえ、八代亜紀」「しみるねえ、八代亜紀」--。そんな声を令和を迎えた東京・新宿の路地裏酒場で耳にした。昭和から平成を駆け抜けた演歌の女王、そのエンターテイナーとしての魅力は色あせるどころか、さらに磨きがかかってきたというのだ。来年はデビュー50周年、八代さんは胸に秘めた夢を初めて明かした。【鈴木琢磨】

 「八代亜紀になってそろそろ半世紀になっちゃうのね。後悔ないの。濃厚で。あと5年続けばいい、5年たったら、また5年続けばいい。そう思って、毎日、毎日、八代亜紀をやってきた。幸せでした」。先日、千葉県習志野市で見たステージもそんな日々の積み重ねが醸し出す円熟味があった。栗色のロングヘア、原色のイブニングドレス、吸い込まれそうな瞳……。圧巻のハスキーボイスで女心と男心を歌いあげ、ぞくっとさせる。だが、…

この記事は有料記事です。

残り2505文字(全文2860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです