メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【配信中】解説動画・ユキコの部屋「3万年前の航海」
東日本大震災

福島・富岡の港を次代へ 釣り船業者、祖父の遺志継ぎ 来月再開

富岡漁港での事業再開に向け準備をする石井宏和さん=福島県富岡町仏浜の富岡漁港で27日、渡部直樹撮影

 東日本大震災の津波で港湾施設が流された福島県富岡町の富岡漁港が7月、8年4カ月ぶりに再開される。この港を使っていた漁船7隻が近くの漁港から戻る見込みで、県内10漁港全てが利用できるようになる。遊漁船業を営む石井宏和さん(42)は27日朝、港に船を入れ、地元での事業再開へ準備を始めた。

 午前8時ごろ遊漁船「長栄丸」(9・7トン)を入港させると、真剣な面持ちで船を操り、真新しい岸壁に横付けした。富岡漁港は入り口が狭く、水深も浅いため、操船が難しい。「緊張した。ようやくスタート地点にこれたかな」と話した。

 石井さんは祖父、父と続く富岡町の漁師の家系。20歳の頃から父の手伝いで船に乗り始めた。船酔いがひど…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文994文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです