第101回全国高校野球

南北北海道地区大会 旭川大高が快勝 北海道栄は姿消す 空知、名寄も開幕 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【石狩南-札幌新川】延長十一回表石狩南、1死二塁から坪島が左前適時打を放ち、二塁走者の小林が生還(捕手・井口)=札幌市中央区の札幌円山球場で、高橋由衣撮影
【石狩南-札幌新川】延長十一回表石狩南、1死二塁から坪島が左前適時打を放ち、二塁走者の小林が生還(捕手・井口)=札幌市中央区の札幌円山球場で、高橋由衣撮影

 第101回全国高校野球選手権大会の南北北海道地区大会は26日、空知、名寄地区が開幕し、7地区で22試合があった。旭川地区では、昨夏の北北海道代表として甲子園に出場した旭川大高が零封リレーで快勝。室蘭地区では昨夏の南北海道大会で4強入りした北海道栄が姿を消した。27日は南北海道の小樽地区が開幕し、8地区で22試合が予定されている。【高校野球取材班】

この記事は有料記事です。

残り2362文字(全文2537文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい