メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
いわて人模様

開かれた活動に取り組む喜雲寺副住職 佐々木秀吾さん(39) /岩手

喜雲寺の副住職 佐々木秀吾さん

 盛岡市下田の曹洞宗喜雲寺で、ツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)も駆使し、開かれた活動や布教に取り組む。「お坊さんや仏教をもっと身近に感じてほしい。親しみが持て、信頼されるお坊さんを目指したい」と思いを語る。

 横浜市出身。同寺の住職だった祖父と父の影響で、仏教学部がある駒沢大に進学した。2002年の卒業を機に、仏門に入ることを決意する。同市鶴見区にある曹洞宗大本山の一つ、総持寺で4年間修行を積んだ。

 寺院を継ぐため、06年に盛岡に移住した。だが、葬儀や法事などの行事がない限り、檀家(だんか)や参拝…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文694文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです