第101回全国高校野球

栃木大会 組み合わせ決定 作新、激戦ブロック 来月12日開幕、59チームが熱戦 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
選手宣誓を引き当てた宇都宮の岸快晴主将=宇都宮市瓦谷町の県総合教育センターで
選手宣誓を引き当てた宇都宮の岸快晴主将=宇都宮市瓦谷町の県総合教育センターで

 第101回全国高校野球選手権栃木大会(県高野連など主催)の組み合わせ抽選会が26日、宇都宮市瓦谷町の県総合教育センターで行われた。大会は7月12日に開幕し、改修工事でリニューアルされた県総合運動公園野球場など3会場を舞台に熱戦が展開される。決勝は28日の予定。昨年と同じ62校59チームが出場し、8月6日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する全国大会の出場権を争う。【玉井滉大】

 大会9連覇が懸かる作新学院は激戦ブロック。黒羽と前回準優勝の白鴎大足利の勝者と対戦する。石井巧主将(3年)は「いよいよ始まるなという気持ち。対戦相手はどこであれ、やることは変わらない。敵は自分たちの中にある。周りからは9連覇と言われるが、甲子園初出場を目指すような新鮮な気持ちで強気で戦いたい」と力強く語った。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文684文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい