メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥羽市社協

森下会長が退任 後任の赤尾氏「風通し良い組織に」 /三重

 社会福祉法人鳥羽市社会福祉協議会は26日開いた理事監事会で、森下幸穂会長(73)が退任し、後任に理事の赤尾勉氏(75)を選出した。同協議会は人事などを巡り職員が意見表明書を配布するなど、混乱していた。

 関係者によると理事監事会で、森下会長は就任後10年を経たことや体力面などを理由に退任を表明した。…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです