メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三木市教委

学校再編案 市立小中学統合へ 21年度から /兵庫

 三木市教委は26日、学識者、保護者らで構成する学校再編検討会議がまとめた市立小中校の再編提言案を発表した。志染中は2021年度、星陽中は22年度にそれぞれ別の中学校に統合し、吉川地区の4小学校は21年度から順次、みなぎ台小に集約し統合する。児童・生徒数の減少などを見込んだ学校再編で時期の明示は初めて。

 再編提言案によると、志染中(先月1日現在46人)は位置や生活圏から緑が丘中(同392人)と統合し、生徒数の減少が顕著なため統合を21年度とした。星陽中(同50人)は校区内のうち細川地区は三木中(同361人)に、口吉川地区は吉川中(同117人)への統合が示され、準備期間を考慮し22年度からとした。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです