メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梅雨入り

中国地方、観測史上最も遅く /広島

 広島地方気象台は26日、中国地方が梅雨入りしたと発表した。平年より19日遅く、観測史上最も遅い梅雨入りとなった。今後1週間、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなる見込み。

 気象台によると、これまで最も遅かった梅雨入りは1968年の6月24日で、51年ぶりの記録更新となった。梅雨入りが遅れた…

この記事は有料記事です。

残り63文字(全文213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです