中国電力

本社で株主総会 上関原発建設に意欲 祝島住民らは抗議 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
上関原発反対のガンバローコールで気勢を上げる祝島の島民ら
上関原発反対のガンバローコールで気勢を上げる祝島の島民ら

 中国電力の株主総会が26日、広島市の本社であり、株主約300人が出席した。経営陣は、上関原発計画(上関町)を巡る県への海面埋め立て免許の延長申請や、海域ボーリング調査の意向を報告。「できるだけ早く計画全体の見通しを得て、早期に(海面埋め立てなど)準備工事に着手できるよう努力していく」と意欲を示した。

 中国電は、国内唯一の新設計画である上関原発について、電力の安定供給の確保などを理由に挙げ「バランスの取れた電源構成を実現するため、重要な電源だ」と従来の主張を繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文609文字)

あわせて読みたい

ニュース特集