メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

萩ツインシネマ

映写機故障で新機器購入へ CF目標額300万円達成 追加300万円寄付呼びかけ /山口

故障した映写機と支配人の柴田さん

 映写機が故障し、クラウドファンディング(CF)で新機器購入費用を募っていた県北部地域唯一の映画館「萩ツインシネマ」(萩市)が、CF目標額の300万円を達成した。実施期間は28日までで、現在は追加目標の600万円に向けてさらなる寄付を呼び掛けている。

 ツインシネマでは今年2月、1台しかない映写機が故障した。新しい機械購入のために約600万円が必要とされ、一時廃業の危機にまで追い込まれたが、東京の映像機材販売会社からサンプル機の期限付き…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子夫妻引退 厳しい条件「自由の代償」英メディア分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです