メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

日程決定 県内でも舌戦に熱 新人同士の激戦予想 /愛媛

白いシールで日付を隠した状態で設置されていた選挙ポスター掲示板からは、投票日の決定を受け、シールがゆっくりはがされた=松山市三番町6で、木島諒子撮影

 7月4日公示、同21日投開票と決まり、事実上舌戦がスタートした参院選は、愛媛選挙区でも各立候補予定者の動きが一層熱を帯びてきた。愛媛選挙区ではこれまでに自民公認のタレントのらくさぶろう氏(54)と、無所属で元衆院議員の永江孝子氏(59)が立候補を表明。永江氏は2016年の前回選に続いて野党各党が支援に回り、新人同士の激戦が予想される。【花澤葵、木島諒子】

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです