メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害時協定

トライアルと鞍手町 食料品など物資提供で /福岡

協定書を手にする岡崎町長(右)と前原専務

 鞍手町は25日、全国でディスカウントストアを展開するトライアルカンパニー(福岡市)と災害時の物資提供などに関する協定を結んだ。

 昨年7月の豪雨では、町内で床上・床下浸水や崖崩れが多発。町は初めて避難指示を出し、300人以上が避難した。その際、避難者への食事の提供に苦労した経緯があり、町内に店舗がある同社と協定を結んだ。

 協定では、(1)地震や風水害などの災害が発生または発生の恐れがある場合に、同社が食料、飲料、衣類、日用品などを優先的に有償で提供(2)鞍手店の402台分の駐車場を一時避難場所として提供--などとしている。同社が物資提供の協定を結んだ市町村としては田川市、飯塚市、福智町、小竹町に次いで5番目。避難所の協定は他県の3自治体と結んでいるという。

この記事は有料記事です。

残り88文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 藤井が2冠奪取 王位戦の「封じ手」3通、計2250万円で落札 第4局は1500万円

  5. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです