メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梅雨入り

今後の降雨に期待 「災害起きない程度に」 渇水対策中の行橋市、苅田町 /福岡

 九州北部地方の梅雨入りが26日発表され、水不足で渇水対策本部を立ち上げている行橋市と苅田町でも降雨が確認された。主水源の油木ダム(添田町)の貯水率が27日にも10%を割り込む想定がされていただけに、給水規制強化をにらんでいた関係者からは今後の降雨に期待する声が聞かれた。【川上敏文】

給水規制強化寸前

 県油木ダム管理出張所によると、26日午後2時現在の貯水率は10・2%(貯水量146万5000トン)。前年同期は43%(同620万トン)を記録しており、今年の少雨が大きく影響しているのが分かる。大山…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです