G20

あす開幕 「海洋プラごみゼロ」 2050年目標、日本提案

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪市で28日に開幕する主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で、議長国の日本政府は海洋プラスチックごみについて「2050年までに海洋流出ゼロを目指す」との目標を提案する方針を固めた。「大阪ブルーオーシャンビジョン」と名付け、首脳宣言に盛り込むことを検討する。

 政府関係者への取材で判明した。ただ、合意に至るか不透明な部分もある。政府関係者によると、各国・地域が海洋プラごみについて「緊急の行動が求められる問題」との認識を共有した上で、50年までの期限を設けて陸からのプラごみ流出防止を目指すことで合意したい考え。先進国と途上国…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文676文字)

あわせて読みたい

注目の特集