メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

あす開幕 「海洋プラごみゼロ」 2050年目標、日本提案

 大阪市で28日に開幕する主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で、議長国の日本政府は海洋プラスチックごみについて「2050年までに海洋流出ゼロを目指す」との目標を提案する方針を固めた。「大阪ブルーオーシャンビジョン」と名付け、首脳宣言に盛り込むことを検討する。

 政府関係者への取材で判明した。ただ、合意に至るか不透明な部分もある。政府関係者によると、各国・地域が海洋プラごみについて「緊急の行動が求められる問題」との認識を共有した上で、50年までの期限を設けて陸からのプラごみ流出防止を目指すことで合意したい考え。先進国と途上国…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです