メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

あす開幕 「海洋プラごみゼロ」 2050年目標、日本提案

 大阪市で28日に開幕する主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で、議長国の日本政府は海洋プラスチックごみについて「2050年までに海洋流出ゼロを目指す」との目標を提案する方針を固めた。「大阪ブルーオーシャンビジョン」と名付け、首脳宣言に盛り込むことを検討する。

 政府関係者への取材で判明した。ただ、合意に至るか不透明な部分もある。政府関係者によると、各国・地域が海洋プラごみについて「緊急の行動が求められる問題」との認識を共有した上で、50年までの期限を設けて陸からのプラごみ流出防止を目指すことで合意したい考え。先進国と途上国…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文676文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです