トランプ米大統領

米攻撃されても日本は助けず 日米安保条約、片務性に不満

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トランプ米大統領=似顔絵=は26日、米FOXテレビの電話インタビューで、日米安全保障条約について「もし日本が攻撃されたら、米国は第三次世界大戦を戦う。あらゆる犠牲を払って戦う。しかし、米国が攻撃されても日本は助ける必要はない。ソニーのテレビで、攻撃されているのを見ていられる」と述べ、防衛義務の片務性に関し不満を述べた。

 トランプ氏は、2016年大統領選の選挙集会でもほぼ同趣旨の発言をしていた。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文418文字)

あわせて読みたい

注目の特集