メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

高等教育無償化/緑の党躍進/年金不安解消

大学入試センター試験で、試験用紙を配布する職員。政府の高等教育政策は受験生や学生、大学にどのような影響を及ぼすか=前橋市の群馬大荒牧キャンパスで1月19日、菊池陽南子撮影

 近年、政府による大学教育「改革」が進められている。石原俊氏は、一連の政策によって日本の教育と学術研究の根底が揺らいでいることを指摘、警鐘を鳴らした。吉田徹氏は欧州議会選挙における環境政党躍進の背景にある、若者層の動向をさぐる。井手英策氏は経済成長が難しい時代に求められる経済政策を論じた。

 ◆高等教育無償化

この記事は有料記事です。

残り4348文字(全文4502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです