メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁報告書

老後2000万円問題、議論の好機 小泉進次郎氏、小倉将信氏

金融庁金融審議会の報告書を巡る問題などについて語る小泉進次郎衆院議員(右)と小倉将信衆院議員=東京都千代田区の衆院第1議員会館で2019年6月26日、藤井太郎撮影

小泉進次郎氏(自民厚生労働部会長)、小倉将信氏(自民金融調査会事務局長)

 金融庁金融審議会が老後資金に関して「30年間で約2000万円が必要」と示した報告書について、自民党の小泉進次郎厚生労働部会長と小倉将信金融調査会事務局長が26日、毎日新聞のインタビューに応じた。小泉氏は報告書に注目が集まったことに触れ、「社会保障改革を議論する絶好のチャンスだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. マラドーナ氏が手術へ 左頭部に硬膜下血腫

  4. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  5. 菅首相「ほぼゼロ回答」 桜を見る会で責任回避答弁に終始 衆参予算委集中審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです