メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-久保利明九段 第1局の2

一抹の不安

 今期はB級1組から渡辺明王将と木村一基九段がA級に返り咲いた。渡辺の12戦全勝、1期での復帰は圧巻。木村は実に9期ぶりのA級になる。

 盤上、佐藤は左美濃に飽き足りず、居飛車穴熊の堅陣を目指した。

 久保が[後]7三桂と跳ねた途中図をご覧いただこう。後手陣は片銀冠+4二金型の下段飛車。角交換振り飛車の定番ともいえるバランス重視の布陣で仕掛けに備える。

 一方、先手は穴熊に組んではみたものの、ここからの方針が難しい。固めすぎは角打ちの隙(すき)が生じる…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです