メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国家戦略特区

WG審査記録 検査院「内閣府に保存義務」 野党が開示要求

国家戦略特区ワーキンググループの座長代理を巡る問題の野党合同の聞き取りで関係省庁の担当者(手前)に質問する議員たち(奥)=国会内で2019年6月26日午前、川田雅浩撮影

 国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の原英史座長代理が指南した規制緩和提案を巡るWGヒアリングが隠蔽(いんぺい)されていた問題で、会計検査院は26日、ヒアリングの記録文書について「会計検査のため、内閣府に保存義務がある」との見解を示した。内閣府は「保存期限を過ぎており記録はない」などとこれまで主張してきたが、検査院の見解を受けて一転、記録が存在する可能性を示唆した。【杉本修作、向畑泰司】

 同日の野党の聞き取りに検査院の担当者が説明した。検査院によると、ヒアリングに出席したWG委員に内閣府が謝礼を支払った場合、検査院規則に基づき、謝礼支出を示す会計文書とともに、会合が実際に開催されたことを裏付ける「証拠書類」を作成しなければならない。いずれの文書も、省庁に5年間保存する義務がある。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文727文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです