メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農水ファンド

巨額損失 元専務退職金先送り 株主総会

 巨額の累積損失が判明した農林水産省所管の官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)」は26日、東京都内の本社で定時株主総会を開いた。25日に辞任した専務の退職慰労金支給に関する議案については、専務が関与した一連の投資の失敗を受けて「慎重に判断する必要がある」として決議を見送り、約1カ月後の総会で結論を出す。また、光増安弘社長は10月にも役員報酬を業績連動型に変更する方針を明らかにした。

 専務を巡っては、投資先だった破綻直前の貿易会社社長に損害賠償責任などを追及しないことを記した覚書を…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文530文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです