子ども食堂

1.6倍 全国3718カ所に NPO調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
子ども食堂で食事をする子どもたち=埼玉県越谷市で(野口和幸さん提供)
子ども食堂で食事をする子どもたち=埼玉県越谷市で(野口和幸さん提供)

 地域の子どもに無料または低額で食事を提供する子ども食堂が、全国で少なくとも3718カ所になったとの調査結果を、NPO法人「全国こども食堂支援センター・むすびえ」が26日、東京都内で記者会見し公表した。昨年調査の1・6倍に上り、同NPOは「子ども食堂は貧困対策のためだけでなく、地域の交流拠点だという認識が広がりつつあるため」と分析している。

 調査は、各地の子ども食堂のネットワークを支援する同NPOが、各県のネットワークを通じて昨年6月から今年5月時点で把握できる数を集計した。食事を出している学習支援教室を含めるかなどの判断は、回答者に委ねた。

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1182文字)

あわせて読みたい

注目の特集