メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪大

家畜ふん尿からお得に燃料 開発、秋に北海道で実験

実証実験に向けた連携協定を結んだ大阪大と北海道興部町。右端が大久保敬教授=大阪府吹田市で2019年6月26日、松本光樹撮影

 大阪大は26日、家畜のふん尿から出るメタンガスから液体燃料のメタノールを製造する全国初の実証実験を、北海道興部(おこっぺ)町で今秋にも始めると発表した。メタノールの合成は高温高圧が必要で効率も悪かったが、阪大が低コストで合成する技術を開発した。実用化されれば、保管や運搬のしやすい液体燃料が得られることになる。5年後の実用化を目指すという。

 従来の方法では、メタノール合成の効率は1%に満たなかった。阪大の大久保敬教授(光化学)らは昨年2月…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです