メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

落ちたヒナを拾わないで

 シジュウカラやツバメ、ヒヨドリなどのヒナが巣立ちの季節を迎えている。中には地上に落ちてしまうものもいる。公益財団法人「日本野鳥の会」(東京都品川区)は「手を出さず、その場をそっと離れて」と呼びかけている。

 ●近くに親鳥

 春から夏にかけてのこの時期、一人前になるためにヒナは親鳥とともに飛び方や餌の取り方、危険なものから身を守る方法などを学ぶ。中には、うまく飛べなかったりして地上に落ちてしまうこともある。こうした「巣立ちビナ」を、善意から動物病院に持ち込む人もいるだろう。

 だが、その近くには親鳥がいて見守っているケースが多い。鳴き声で気づいた親鳥が餌を与えるなどして、無事に飛び立てることもある。ヒナが地面に落ちても親鳥の子育ては続いている。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 伊吹元衆院議長「小室圭さんは国民に説明を」 眞子さまとの結婚巡り

  4. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. 看護師80人足りない「多難の船出」 吉村知事肝煎り、大阪コロナ重症センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです