メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

続く黒潮大蛇行、影響は 12年ぶり発生、3番目の長さに

 日本列島の太平洋側を流れる黒潮。その流路が紀伊半島から東海地方沖で南へ大きく蛇行する「黒潮大蛇行」が、2017年8月から続いている。過去にも何度か確認され、漁業や生物などへの影響も生じている。発生の仕組みや影響、今後の見通しを探った。【信田真由美】

 ●海山にぶつかり成長

 通常の黒潮は、紀伊半島南端の潮岬(しおのみさき)(和歌山県串本町)沖から日本列島に沿って直線状に流れる「非大蛇行接岸流路」=図(1)=と、遠州灘から関東近海で沖合へ小さく蛇行する「非大蛇行離岸流路」=図(2)=がある。海洋研究開発機構によると、黒潮は、伊豆諸島沿いの海底にある山脈「伊豆海嶺(かいれい)」の切れ目を抜ける。この切れ目は大別すると2カ所あり、どちらを通るかによって「接岸」か「離岸」かが変わる。二つのパターンは代わる代わる起き、離岸しても数カ月で接岸流路に戻る。

 一方、大蛇行=図(3)=は紀伊半島沖から東海沖にかけて大きくU字形に曲がって流れる。その発端は、九…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1795文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  2. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  3. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  4. 加藤浩次さん「気持ちは決まっている」「まだごまかそうと」吉本社長会見を批判
  5. 岡本社長、ギャラ配分「5対5から6対4」発言に芸人「ウソだろ…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです