メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

続く黒潮大蛇行、影響は 12年ぶり発生、3番目の長さに

 日本列島の太平洋側を流れる黒潮。その流路が紀伊半島から東海地方沖で南へ大きく蛇行する「黒潮大蛇行」が、2017年8月から続いている。過去にも何度か確認され、漁業や生物などへの影響も生じている。発生の仕組みや影響、今後の見通しを探った。【信田真由美】

 ●海山にぶつかり成長

 通常の黒潮は、紀伊半島南端の潮岬(しおのみさき)(和歌山県串本町)沖から日本列島に沿って直線状に流れる「非大蛇行接岸流路」=図(1)=と、遠州灘から関東近海で沖合へ小さく蛇行する「非大蛇行離岸流路」=図(2)=がある。海洋研究開発機構によると、黒潮は、伊豆諸島沿いの海底にある山脈「伊豆海嶺(かいれい)」の切れ目を抜ける。この切れ目は大別すると2カ所あり、どちらを通るかによって「接岸」か「離岸」かが変わる。二つのパターンは代わる代わる起き、離岸しても数カ月で接岸流路に戻る。

 一方、大蛇行=図(3)=は紀伊半島沖から東海沖にかけて大きくU字形に曲がって流れる。その発端は、九州南東沖で生じた反時計回りの渦の周りにできる小蛇行で、黒潮に乗って東へ進みながら成長して大きくなる。

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです