メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

続く黒潮大蛇行、影響は 12年ぶり発生、3番目の長さに

 日本列島の太平洋側を流れる黒潮。その流路が紀伊半島から東海地方沖で南へ大きく蛇行する「黒潮大蛇行」が、2017年8月から続いている。過去にも何度か確認され、漁業や生物などへの影響も生じている。発生の仕組みや影響、今後の見通しを探った。【信田真由美】

 ●海山にぶつかり成長

 通常の黒潮は、紀伊半島南端の潮岬(しおのみさき)(和歌山県串本町)沖から日本列島に沿って直線状に流れる「非大蛇行接岸流路」=図(1)=と、遠州灘から関東近海で沖合へ小さく蛇行する「非大蛇行離岸流路」=図(2)=がある。海洋研究開発機構によると、黒潮は、伊豆諸島沿いの海底にある山脈「伊豆海嶺(かいれい)」の切れ目を抜ける。この切れ目は大別すると2カ所あり、どちらを通るかによって「接岸」か「離岸」かが変わる。二つのパターンは代わる代わる起き、離岸しても数カ月で接岸流路に戻る。

 一方、大蛇行=図(3)=は紀伊半島沖から東海沖にかけて大きくU字形に曲がって流れる。その発端は、九…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1795文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです