労働相談

18年度「いじめ」が過去最多

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 全国にある労働局の「個別労働紛争解決制度」に寄せられた2018年度の相談で、パワーハラスメントを含む「いじめ・嫌がらせ」の相談件数が前年度比14.9%増の8万2797件となり、過去最多を更新した。厚生労働省が26日発表した。

 同制度への民事上の労働相談件数は過去最多の26万6535件(前年度比5.3%増)。このうち…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

注目の特集