メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍氏「日中、完全に正常軌道」 習氏「来春訪日いいアイデア」 日中首脳会談

 安倍晋三首相は27日夜、主要20カ国・地域(G20)首脳会議のために来日した中国の習近平国家主席と大阪市内のホテルで約1時間会談した。中国の国家主席の来日は、2010年11月の胡錦濤氏以来9年ぶり。首相は「日中関係は完全に正常な軌道に戻った」とし、「来年の桜の咲く頃、習主席を国賓として日本に迎えたい」と要請。習氏は「いいアイデアだ」と応じ、来年春の再来日で合意した。

 習氏の来日は、副主席時代の09年以来で、13年3月の国家主席就任後では初めて。安倍首相と習氏の会談は、昨年11月以来で10回目となった。麻生太郎副総理兼財務相や中国の劉鶴副首相らが同席し、その後に夕食会に移った。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです