安倍氏「日中、完全に正常軌道」 習氏「来春訪日いいアイデア」 日中首脳会談

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は27日夜、主要20カ国・地域(G20)首脳会議のために来日した中国の習近平国家主席と大阪市内のホテルで約1時間会談した。中国の国家主席の来日は、2010年11月の胡錦濤氏以来9年ぶり。首相は「日中関係は完全に正常な軌道に戻った」とし、「来年の桜の咲く頃、習主席を国賓として日本に迎えたい」と要請。習氏は「いいアイデアだ」と応じ、来年春の再来日で合意した。

 習氏の来日は、副主席時代の09年以来で、13年3月の国家主席就任後では初めて。安倍首相と習氏の会談は、昨年11月以来で10回目となった。麻生太郎副総理兼財務相や中国の劉鶴副首相らが同席し、その後に夕食会に移った。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1069文字)

あわせて読みたい

注目の特集