メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン副大統領、東京で会見 「国際社会の支援を期待」

記者会見で米国の姿勢を批判するイランのマスーメ・エブテカール副大統領=東京都港区の笹川平和財団で2019年6月27日午前11時37分、真野森作撮影

 イランのマスーメ・エブテカール副大統領(女性・家庭問題担当)が27日、東京都内の笹川平和財団で記者会見し、核合意を巡る米国との対立について「米国の度重なる制裁追加によってイラン経済はダメージを受けている。この困難な時期に国際社会の支援を期待している」と訴えた。

 2015年7月の核合意から昨年5月の米国離脱までのイラン経済に関して「多くの分野で外国投資を誘致でき、目覚ましく成長してい…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです