メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナ支援会合が閉幕 総額500億ドルの経済プランを協議

25、26の両日開催されたパレスチナ支援を協議する経済会合=バーレーンの首都マナマで、AP

 バーレーンの首都マナマで25、26の両日、トランプ米政権の主催でパレスチナ支援を協議する経済会合が開かれた。パレスチナとイスラエルの和平交渉を仲介する新たな和平案の一部として22日に公表された総額500億ドル(5兆3650億円)の経済プランについて協議した。

 米政権が発表したのは今後10年間でパレスチナや周辺諸国のインフラ、観光、教育分野などに500億ドルが注ぎ込まれるという経済プラン。会合を主導したトランプ米大統領の娘婿、クシュナー米大統領上級顧問は、和平協定の前に「経済の道筋に関する合意」が必要だとし、この「世紀の機会」を受け入れるようパレスチナ側に呼びかけた。和平案の中核部分をなす政治プランについては「適切な時期」に公表すると強調した。

 会合には、米国やサウジアラビア、アラブ首長国連邦、開催国のバーレーンから財務相などの閣僚クラスが出…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文999文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです