メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

吉本興業の「決意表明」文

 吉本興業は27日、宮迫博之さん(49)=雨上がり決死隊=ら所属芸人が反社会的勢力のパーティーに会社を通さない「闇営業」で出席していた問題に続き、スリムクラブが暴力団関係者の会合で闇営業をしていたことを受け、公式ホームページ(https://www.yoshimoto.co.jp/)などで、コンプライアンスの徹底と反社会的勢力排除への「決意表明」を発表した。

 決意表明は、関連会社だけでなく、芸人ら「所属一同」の連名。今回の件に対する謝罪に加え、コンプライアンス順守の再徹底とともに、今後も反社会的勢力と一切の関わりをもたないことを固く誓約・宣言する、としている。

 また、最後には「一連の報道されている件を含め、約6000人の所属タレント及び約1000人の社員のあらゆる行いについてはすべて当社の責任です」としている。【油井雅和】

 全文は以下の通り。

決意表明

吉本興業ホールディングス株式会社

 この度の所属タレントの件によりファンの皆様及び関係先各位には、多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、まずは心よりお詫(わ)び申し上げます。

 弊社はこれまで下記のように全社的にコンプライアンスの徹底と反社会的勢力の排除に取り組んでまいりましたが、この度の件を受け、社員・タレントが一丸となってコンプライアンス遵守(じゅんしゅ)の再徹底を図ります。

 グループ全体としてベストのコンプライアンス体制を再構築し、確実に遵守してまいることは言うまでもありません。

ただ、本件のような事態を起こしてしまった結果からして、これまでの弊社におけるコンプライアンスへの取り組みや方法では十分にカバーしきれない面があったことは否めず、弊社はこの点を認め、真摯(しんし)に向き合い反省します。

 二度とこのような事態が起こらないよう、改めてタレントに対するヒアリングを実施し、そこでコンプライアンスに反する関係や行動等が判明したり、疑義が生じた場合には徹底的に明らかにしたうえで速やかに対処いたします。また、今後は、警察をはじめとする行政関係の皆様、民間の危機管理アドバイザー、弁護士をはじめとする法律専門家などの多方面からさまざまな知見・ご意見を賜りまして、コンプライアンス体制を再構築し、そしてそれをその時々の案件の事情に応じてタレントが正しく輝き続けられるように柔軟かつ最適に工夫しつつ、運用してまいりたいと考えております。

 そして、万が一不祥事が判明した折には、世間の皆様にご納得いただけるような判断をしたうえで、世間の皆様及び関係者様に対してこの公式HPを通じて適切かつ速やかにご報告させていただきます。

 弊社としましては、以上のような取り組みを継続していくことを通じて、世間の皆様から愛され、信頼される会社であり続け、笑顔の絶えない社会に貢献してまいりたいと考えております。

 また、長い芸能の歴史において反社会的勢力との関係が取りざたされたことは事実であり、このことは過去の当社においても例外ではなかったものと考えます。

 しかしながら、現在の吉本興業においては、あらゆる反社会的勢力との関係は一切有しておらず、今後も一切の関わりをもたないことを固く誓約・宣言いたします。

 今後、仮に反社会的勢力から不当な圧力や脅迫を受けることがあれば、関係各署・機関とも密接に連携し、徹底的に戦い、断固それを排除してまいる所存です。

 本件につきまして多大なるご迷惑ご心配をお掛けしておりますことを重ね重ね深くお詫び申し上げます。以上、何卒(なにとぞ)ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 弊社では、2009年の非上場化のタイミングと同時に、反社会的勢力との決別を明確に打ち出し、強い信念をもってその排除に努めてまいりました。新たにコンプライアンス推進委員会を組成し、警察OBや弁護士を顧問に迎えコンプライアンス推進体制を整備し、グループ全社におけるコンプライアンス推進を図ってまいりました。

 その一環として2009年からコンプライアンス研修を開始し、毎年1回、マネージャーが個別についたタレントにつきましては個別面談、その他の若手を中心とするタレントにつきましては劇場での集合研修という形式にて実施してまいりました。反社会的勢力の排除を中心に、その時々の芸能界や世間で注目を受けている事件をトピックスとして冊子にまとめ、社内弁護士、警察OBの顧問から具体例を交えながら説明する形式にて実施し、吉本興業という信用を背負ってタレント活動をしている以上有名無名を問わずいつどのような形でトラブルに巻き込まれるかわからない、したがってプライベートも含めタレントとしてのコンプライアンス意識を強く持たなければならない旨の注意喚起を日常的に行ってまいりました。

 また、2015年からは、若手タレントを対象とする集合研修については前期後期の年間2回実施することとし、さらに2016年からは上記研修とは別に、警察から講師を招聘(しょうへい)して反社会的勢力や薬物等の危険性に関する研修も実施してまいりました。

 このように、これまで弊社では所属タレントに向けた研修を通じて、コンプライアンス意識の向上及び徹底を図ってまいりました。その結果、日本各地だけでなく、アジアをはじめとする海外におけるお取引先様、公益団体様からもご信頼いただける状況となり、ファンの皆様からも安心かつ熱心に応援いただけるような会社であるべく全力を尽くしてまいりました。

 しかしながら、このような状況のもとで、所属タレントにおいて反社会的勢力との関わりが認められたことについては誠に遺憾であり、忸怩(じくじ)たる思いとともにその責任を強く痛感しております。

 最後になりますが、一連の報道されている件を含め、約6000人の所属タレント及び約1000人の社員のあらゆる行いについてはすべて当社の責任です。繰り返しとなりますが、当社グループ全体でさらなるコンプライアンスの徹底に全力を尽くす覚悟であり、ここにその決意を表明いたします。

2019年6月27日

吉本興業ホールディングス株式会社

代表取締役会長 大崎 洋

代表取締役社長 岡本 昭彦

全役員

全社員

所属一同

芸人、落語家、漫才師、コメディアン

パフォーマー、マジシャン、ダンサー

スポーツ選手、アスリート

アーティスト、ミュージシャン、作詞家、作曲家、演出家

アイドルグループ、モデル

俳優、映画監督、プロデューサー、脚本家

文化人

Youtuber、プロゲーマー

吉本興業ホールディングス 全社一同

吉本興業株式会社

株式会社きょうのよしもと

株式会社よしもとデベロップメンツ

株式会社よしもとラフ&ピース

株式会社よしもとアドミニストレーション

株式会社よしもとエンタテインメント沖縄

株式会社よしもとセールスプロモーション

株式会社よしもとブロードエンタテインメント

株式会社よしもとチケット

株式会社よしもとインベストメント

株式会社よしもとエリアアクション

株式会社よしもとロボット研究所

株式会社よしもとプロダクツ

株式会社よしもとスタッフ・マネジメント

株式会社よしもとミュージック

株式会社よしもとファイナンス

株式会社よしもとミュージックパブリッシング

株式会社CANVAS

株式会社よしもとミュージックコリア

株式会社Showtitle

株式会社よしもとスポーツ

株式会社KATSU-do

株式会社よしもとゲームズ

株式会社カワイイアン・ティービー

株式会社よしもとアーツ

株式会社VERSUS

株式会社よしもとアクターズ

株式会社ラフアウト

株式会社たまか

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです