メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「深海魚が出ると大地震」迷信でした 捕獲記録と関係なし 東海大など調査

若狭湾の定置網で捕れたリュウグウノツカイ。約5メートルあった=京都府宮津市の田井漁港で2018年1月11日、安部拓輝撮影

 「深海魚が現れると大地震が発生する、との古くからの言い伝えは迷信」――。東海大や静岡県立大の研究チームが2011年の東日本大震災までにあった221回の規模の大きな地震を分析し、こんな結論を導き出した。チームの織原(おりはら)義明・東海大特任准教授(固体地球物理学)は「言い伝えは、防災に役立つ情報ではなかった」と話す。

 チームは、全長4メートルで赤い背びれと鮮やかな銀色の長い体が特徴の「リュウグウノツカイ」や、目が大…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文652文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 出動現場で高級腕時計盗む 容疑の巡査部長逮捕 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです