メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「深海魚が出ると大地震」迷信でした 捕獲記録と関係なし 東海大など調査

若狭湾の定置網で捕れたリュウグウノツカイ。約5メートルあった=京都府宮津市の田井漁港で2018年1月11日、安部拓輝撮影

 「深海魚が現れると大地震が発生する、との古くからの言い伝えは迷信」――。東海大や静岡県立大の研究チームが2011年の東日本大震災までにあった221回の規模の大きな地震を分析し、こんな結論を導き出した。チームの織原(おりはら)義明・東海大特任准教授(固体地球物理学)は「言い伝えは、防災に役立つ情報ではなかった」と話す。

 チームは、全長4メートルで赤い背びれと鮮やかな銀色の長い体が特徴の「リュウグウノツカイ」や、目が大きくタチウオに似る「サケガシラ」など、出現が地震の前兆と言われた8種類の深海魚に着目。1928~2011年に新聞記事などでこれらの漂着や捕獲を確認した336件と、この間に記録されたマグニチュード(M)6以上の地震221回との関連を調べた。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島根で新たに91人が新型コロナ感染 松江市内の私立高校でクラスターか

  2. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. ORICON NEWS 上川隆也、“乗れる”エヴァンゲリオン初号機にご満悦

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです