京都工芸繊維大教授を諭旨解雇 学内で無断で営利行為 170万円受け取る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
不正行為のあった教授の懲戒処分について記者会見し、頭を下げる京都工芸繊維大の堤直人副学長=京都市左京区で2019年6月27日午後4時38分、川平愛撮影
不正行為のあった教授の懲戒処分について記者会見し、頭を下げる京都工芸繊維大の堤直人副学長=京都市左京区で2019年6月27日午後4時38分、川平愛撮影

 国立大学法人・京都工芸繊維大(京都市左京区)は27日、繊維学系の浜田泰以(ひろゆき)教授(63)が学内で無断で営利行為を繰り返し、企業から指導料など計約170万円を受け取ったとして、同日付で諭旨解雇の懲戒処分としたと発表した。

 大学によると、浜田教授は複合材料工学が専門。関わりのある企業3社に学内の機器を使用させるな…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

ニュース特集